◆ 更新情報 ◆

とある学園に通う男子学生「まーくん」。
入院中の彼は今、病室で真面目にアニメを見ていた。

友人からもらったお見舞いの品は、ふたつ。
たくさんのリンゴと、数枚のルーズリーフ用紙(B5)。


同じく、とある学園――その学園のアイドル「ツルゲーネフ」。
彼女は彼の、まーくんのお見舞いに行こうと思った。

もちろんお見舞いの品は何も持たずに、手ぶらのままで。

『お、お見舞いに行きたくて行くんじゃないわ、そう、わたし一応彼女だし、
 うん、彼氏に会いに行くだけだったらべつに、べつに、ふ、普通よね』

……という、実にわかりづらい照れ隠しのためだった。


そしてツルゲーネフは、そのお見舞いの帰りに、まーくんに言う。

「あなたのそういうところ――とても嫌い」


やがてまーくんは短い入院生活を終えて、晴れて退院の日を迎え――

「まぁちゃん、お帰りー!」


その帰宅した彼を待っていたのは、久しぶりに見る幼馴染の姿だった。

「えへへっ、まぁちゃん、大好き――っ♪」


3 on 10が贈る、お馬鹿と乙女の四方山話。



↑ 3 on 10 トップページに戻ります