ストーリーロゴ


ストーリーイメージ1

冬のある日、工業系の専門学校に通う【 優 】はひとり、
駅のホームでベンチに寝転んでいた。

夜風が少し、いや、かなり、この吹きさらしのホームに
おいては身体に堪える。

彼は電車が好きだった。人によってはただの鉄の塊に
すぎないそれを、何よりも好んでいた。



ストーリーイメージ2

冬のある日、工業系の専門学校に通う【麻 衣】はひとり、
駅の改札をくぐってホームに着いた。

夜風が少し、麻衣が巻いていたマフラーと、穿いていた
スカートの裾をはためかせた。

彼女は冬という季節が好きだった。とりわけ舞い降る雪を
見上げるのが、彼女の心を落ち着かせた。





冬のある日、なんでもない、ただの一日の終わりに。



彼と彼女は、出会った。まるで、鉄道のレールが交わるみたいに。

分配された二つのレールが交わり、やがて一つになるように。

雪の降るように音もなく、物語が静かに始まりを告げた。



(C)2008-09 めそ/3 on 10 all rights reserved.